正社員も歴史が浅いのでなりやすい

特集カテゴリー

まさに今がチャンス

歴史が浅い今が狙い目

憧れのWebデザイナー

歴史が浅い今が狙い目

Webデザイナーの仕事は憧れる方の多い仕事です。正社員で採用される可能性も高い上に、仕事の性質上オフィスに出勤する必要がなく在宅勤務を認めてくれているところも多いので、家庭の事情があるという方にも良い仕事と言えるでしょう。
ちなみにWebデザイナーの仕事を説明しますと、Webサイトのデザインを作成し、作成したデザインに沿ってWebサイトをコーディングという作業で構築する仕事になります。ただどういったコンセプトのデザインにするかという部分や、どういった構成のWebサイトにするのかという作業はWebプランナーやWebディレクターと呼ばれる方が受け持つことが多いので、そうした方とのコミュニケーションも重要な仕事になります。
世の中のIT化は今後ますます進んで行くことになると思われますので、多くの会社が自社のWebサイトを構築しようとしたりWebマーケティングに力を入れようとしています。今後もWebデザイナーの需要は減ることはないでしょう。

未経験からWebデザイナー

また転職先としてWebデザイナーの仕事を考えた時に未経験からでも始められるという特徴があります。もちろんそれは簡単なことではありませんが、業界自体の歴史も浅くまだまだ成長途上のため新しい人材の募集を行っている企業が多いのです。自身できちんと勉強して試しにWebサイトを複数作成したような実績があれば未経験の方でもWebデザイナーとして採用される可能性は十分にあるのです。

職業訓練の活用

Webデザイナーになるためには当然Webデザインやコーディングに関する技術を取得しなければなりません。完全な素人でも採用してもらえる場合もあるのですが、やはり最低限の技術は持っている人の方が採用面接で有利になります。
そしてもしあなたが現在仕事に就いていないのであれば、ハローワークなどで紹介される職業訓練校のカリキュラムにあるWebデザイナーコースを受講してみると良いでしょう。Webデザイナーとして仕事を行うためには最低限AdobeのIllustratorやPhotoshopの使用スキル、それにHTMLやCSSのコーディングスキルを有していなければなりません。またその他にWordPressの構築能力も求められることの多いスキルです。職業訓練校の作るカリキュラムではこうした能力もバランス良く身につけることが可能なため、受講メリットは多いと言えるでしょう。

在職中ならスクールやWebセミナーを利用

また現在は在職中のため職業訓練校に通えないという場合はスクールやWebセミナーなどで技術の取得をするのがオススメです。もちろん人によってはWebサイトに無料掲載されている情報や本からの学習だけでも十分という方はいるのですが、やはり人から習った方が飲み込みは早いものです。

PVが多い記事

キャリアアップを目指すなら資格取得
16.07.08 キャリアアップを目指すなら資格取得

介護の世界でキャリアアップをしていきたいと思っている場合は資格の取得が必須になります。まずは介護職員初任者研修の修了から始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。始めのうちは介護サービス利用者の身の回りのお世話がメインの仕事になりますが、上位資格になるほどそれ以外の仕事の割合が増えていきます。

30代で幹部候補に
16.07.08 30代で幹部候補に

一般的に他業界の仕事では幹部になれるのは40代以降となるでしょう。しかし国際競争の激しい製造業界は若い幹部が現場を率いる力強い体制の構築を目指しており、30代で課長などの幹部職に登用される可能性があります。出世意欲の高い野心的な性格をした人に向いた業界と言えるでしょう。