幹部に採用される製造業

特集カテゴリー

管理職に出世しよう

30代で幹部候補に

製造業は30代で課長になれる

30代で幹部候補に

製造業では出世のスピードが速く、30代で課長などの管理職に就くことができるのですが、これも若くてやる気のある人にとっては大きな魅力と言えるかもしれません。もともと日系の製造業では80年代や90年代などの20世紀の間は30代では課長などの管理職になれませんでした。そのポジションへの出世はせいぜい40代前半になってからだったのです。しかし2000年ごろから急速に進んだ経済のグローバル化によってその事情は一変します。もともと日本の製造業は基本的に輸出産業なのですが、中国や東南アジアなどの労働力が安い国との国際競争に製造業各社は巻き込まれていったのです。そして競争に勝ち抜く力強い体質を手にいれるためにリーダーの選抜時期の早期化と管理職の若返りに取り組みました。その結果として現在製造業の現場では30代でも課長などの管理職に就けるようになったのです。

30代は仕事に集中

ただそうは言っても製造業に勤める30代の人全てが管理職に出世できるわけではありません。むしろほとんどの人は30代どころか一生課長以上のポストには出世できないと言われています。なぜなら現在の日本は少子高齢化によって企業の中で年齢が上の人間が大量にだぶついており、年配の社員の人数に対して管理職のポストが圧倒的に足りていないからです。そのため管理職に出世したいと思ったのであればそれ相応の努力をする必要があります。具体的なポイントを見ていきましょう。
まずとても大切なポイントとして、30代は仕事に集中することがあげられます。特に留学などに関心があったとしても30代の間は避けるべきでしょう。30代になりますと仕事がある程度わかって余裕が出ると同時に、自分の限界を試してみたいという気持ちが湧いてくるので留学や転職を考えがちです。しかし30代はキャリアの大切な時期ですので、そうした活動でキャリアに穴を空けてしまうのは望ましくないのです。

専門性を深めネットワークを広げておく

またその他の働き方のコツとして、特に30代であれば仕事の専門性を磨くように心がけましょう。これはキャリアに穴を空けずに一貫性を保つということに繋がりますし、専門性を高めることで自分自身の付加価値をさらに高めるということにも繋がります。ただし注意点として、自分の専門分野や所属部門以外の人との交流は積極的に行い、ネットワークの形成に努めましょう。管理職となるには広い視点を持ち様々な情報源へのアクセスや業界のキーマンへの接触が必要になります。そうした時に意識してネットワークの構築を行っていたか否かは大きな違いとなってあらわれてくるのです。

PVが多い記事

キャリアアップを目指すなら資格取得
16.07.08 キャリアアップを目指すなら資格取得

介護の世界でキャリアアップをしていきたいと思っている場合は資格の取得が必須になります。まずは介護職員初任者研修の修了から始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。始めのうちは介護サービス利用者の身の回りのお世話がメインの仕事になりますが、上位資格になるほどそれ以外の仕事の割合が増えていきます。

30代で幹部候補に
16.07.08 30代で幹部候補に

一般的に他業界の仕事では幹部になれるのは40代以降となるでしょう。しかし国際競争の激しい製造業界は若い幹部が現場を率いる力強い体制の構築を目指しており、30代で課長などの幹部職に登用される可能性があります。出世意欲の高い野心的な性格をした人に向いた業界と言えるでしょう。