構成作りも行う正社員のWebデザイナー

特集カテゴリー

Webデザインの仕事を知ろう

全体の構成を考えながらサイトを制作

構成や構造の作成

全体の構成を考えながらサイトを制作

Webデザイナーに憧れこの仕事への転職を考えている方のためにWebデザインの具体的な仕事内容を見ていきましょう。まず最も根幹となる仕事内容にデザインの前提となるWebサイトの構造や構成、それにコンセプトの作成があります。この能力が高いか低いかがWebデザイナーとしての能力を大きく決めると言って差し支えないでしょう。ただこの部分は実際の業務の中ではWebデザイナーではなく、他にWebプランナーやWebディレクターという役職の方が担当する場合もあります。しかしWebデザイナーの方が構成決めまで担当する場合もありますし、その内容の理解が深いほどその後のデザインやコーディングでも高いパフォーマンスを発揮できるようになるため、きちんと理解をしておきましょう。
構成や構造を作成するためにはまずはWebサイトのオーナーの方がどういった目的でWebサイトを作成したいと思うのかインタビューをすることから始まります。その中でどういった方を閲覧者として想定しているのかも伺い、想定閲覧者に響くようなWebサイトにするための構造や構成を考えるわけです。またこの段階でデザインの部分に関しても写真やイラストを多めにするか少なめにするか、あるいは文字は大きくするのか小さくするのかなどを決定します。

見せ方を決めるデザイン

構成や構造が決まったら、その内容に沿ってどのように表示をさせるのかというデザインを行います。サイトに掲載されるコンテンツの見せ方はもとよりコンテンツの配置の仕方や余白の取り方などとてもセンスが重要になる部分です。
このプロセスの能力を磨くためにはまずは量を重ねることが欠かせません。また常日頃から様々なWebサイトやデザインが施された冊子やチラシなどをチェックし、自分の中にストックを作っていくことが大切です。なおこのプロセスはAdobeの提供するIllustratorなどのソフトを使って行われることが一般的です。

Webサイトのコーディング

そうしてWebサイトのデザインは行われるのですが、この段階ではまだWebサイトではなく1枚から複数枚の絵にすぎません。きちんとリンクを作動させWebサーバーにアップし世界中の人が閲覧できる状態にする必要があり、このプロセスをコーディングと言います。デザインのプロセスとは異なりHTMLやCSSなどを使って行うのですが、とても論理的な作業になります。

素人ではまだWebサイトは作れない

現在、上記のようなWebデザインのプロセスを踏まなくとも、素人の方が特別な技術なしにWebサイトを作成するためのツールが多く誕生しています。そのことを持ってWebデザイナーの仕事は今後無くなっていくという意見もありますが、現状ではまだまだその心配は要りません。そういったシステムの能力はまだ低く、実力のあるWebデザイナーの足元にも及んでいないからです。

PVが多い記事

キャリアアップを目指すなら資格取得
16.07.08 キャリアアップを目指すなら資格取得

介護の世界でキャリアアップをしていきたいと思っている場合は資格の取得が必須になります。まずは介護職員初任者研修の修了から始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。始めのうちは介護サービス利用者の身の回りのお世話がメインの仕事になりますが、上位資格になるほどそれ以外の仕事の割合が増えていきます。

30代で幹部候補に
16.07.08 30代で幹部候補に

一般的に他業界の仕事では幹部になれるのは40代以降となるでしょう。しかし国際競争の激しい製造業界は若い幹部が現場を率いる力強い体制の構築を目指しており、30代で課長などの幹部職に登用される可能性があります。出世意欲の高い野心的な性格をした人に向いた業界と言えるでしょう。