介護職で正社員になろう

特集カテゴリー

高齢者の生活をサポートする介護の仕事

高齢者の生活をサポートする介護の仕事

介護の仕事に就いた場合の未来や働き方について考えてみてみましょう。今の日本は世界でもまれな勢いで少子高齢化が進み、高齢者の介護需要が加速度的に増えているために介護の仕事に就き業界でキャリアを積んだ場合は今後の職に困る心配はまずありません。一般的に介護の世界で仕事を開始しますと、まずは介護職員初任者研修を修了し介護対象者の身の回りのお世話から仕事がスタートしますが、経験を積んでいく中で上位資格を取得し様々な仕事を担当するようになっていきましょう。

  • 少子高齢化による需要増つづきへ

    少子高齢化による需要増

    日々ニュースで取り上げられていますし生活の中でも実感されるかもしれませんが、日本は今大変な勢いで少子高齢化が進んでいます。渋谷などの繁華街であれば街中には若者が多いですが、住宅街を平日の昼間に出歩きますと高齢者の方しかおらず驚いてしまうほどです。そのため介護の仕事は今後需要が増えることがあっても減ることはないでしょう。特に老後は施設への入所を希望される方が増えてきており、入居型介護施設での求人が増えていくと思われます。

  • 利用者の身の回りのお世話つづきへ

    利用者の身の回りのお世話

    介護に関する仕事に興味があるのであればその具体的な仕事内容も理解しましょう。介護の仕事には一般的に思われている以上に多くの種類の仕事がありますが、業界未経験の方が転職してきて最初に担当することになる仕事はほぼ間違いなく高齢者や身体障害者の方の身の回りのお世話になります。こういった方々は身体を自由に動かすことができないため、サポートなしには食事や入浴、着替えなどの日常生活を送れません。こうした方々の助けになるのが介護の仕事なのです。

  • 介護業界に特化したきらケアつづきへ

    介護業界に特化したきらケア

    介護業界に転職をするのであれば信頼できる求人サイトを活用した方が良いでしょう。介護業界は改善が進んでいるとはいえまだ雇用条件の良くない職場も多く、信頼できる転職サポーターに事前によく調査をしてもらってから転職をした方が無難です。その点レバレジーズが運営するきらケアは特に東京や神奈川、千葉、埼玉での介護関連の求人に強く、きちんとしたプロの転職サポーターが在籍しているため、あなたの転職に関する不安を取り除いてくれます。

  • キャリアアップを目指すなら資格取得つづきへ

    キャリアアップを目指すなら資格取得

    介護の仕事は完全な資格職であり、より上位の仕事についてキャリアを広げ給与を増やしていくには資格を取得していかなければなりません。まずは初心者向けの介護職員初任者研修を修了し、次に介護福祉士の取得を目指すと良いでしょう。そうすると普段の介護の仕事もただ相手の身の回りのお世話をするだけではなく、医学的な観点からの介護サービスを提供できるようになります。そして介護福祉士として経験を積んだ後は社会福祉士やケアマネージャーを目指します。

PVが多い記事

キャリアアップを目指すなら資格取得
16.07.08 キャリアアップを目指すなら資格取得

介護の世界でキャリアアップをしていきたいと思っている場合は資格の取得が必須になります。まずは介護職員初任者研修の修了から始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。始めのうちは介護サービス利用者の身の回りのお世話がメインの仕事になりますが、上位資格になるほどそれ以外の仕事の割合が増えていきます。

30代で幹部候補に
16.07.08 30代で幹部候補に

一般的に他業界の仕事では幹部になれるのは40代以降となるでしょう。しかし国際競争の激しい製造業界は若い幹部が現場を率いる力強い体制の構築を目指しており、30代で課長などの幹部職に登用される可能性があります。出世意欲の高い野心的な性格をした人に向いた業界と言えるでしょう。