正社員でモノづくり

特集カテゴリー

製造業のメリット

モノづくりに携わる喜び

生活に身近な製造業

モノづくりに携わる喜び

工場でモノづくりの仕事に就くことのやりがいや魅力について考えてみましょう。そもそも製造業は現代の日本人にとって最も身近な産業と言っても良いかもしれません。21世紀になってから社会の注目はどちらかというとITやコミュニケーションサービスに向かいがちですが、もともと日本はモノづくり大国として経済大国になったのです。今でも日本の主要産業と言えば自動車や工作機械を中心としたモノづくりですし、トヨタ自動車などの一流メーカーは世界的にも高い評価を得ています。また移動のための車にしてもコミュニケーションのためのスマートフォンにしても、生活を豊かにする様々なモノは全て製造業によってつくられています。製造業で働くということは日本という国の根幹を支えるとともに、人々の生活の基盤を生み出していく充実感を感じられるということなのです。
また、学生時代に技術や図工の授業が好きだったような人や、幼いころにプラモデルやミニ四駆などが好きだった人にとっては、目の前の材料や部品から新たな製品が出来上がっていく様を見ることにも大きな興奮を感じられることでしょう。

正社員なのに柔軟な勤務形態

工場で働くことのメリットは仕事のやりがいだけではありません。日本の基幹産業が製造業ですので、製造業で働く立場の人は雇用が守られやすいという特徴があります。また24時間操業の工場であれば、正社員であるにもかかわらず週5勤務や日勤に限定しない柔軟な勤務制度を組める場合があります。何か事情があって週3日や週4日の仕事、あるいは夜勤の仕事などを望む場合は工場の求人を探してみると良いでしょう。

食うに困らない

製造業の特に大きな魅力はその仕事について技術を積めば、基本的に食うには困らなくなることです。まず製造業の仕事は農業や大半のサービス業に比較して高給です。例を出して恐縮ですが、専門的な資格を持たずに飲食のホールスタッフやアパレル店員の仕事を行う場合などに比べれば生活が安定しやすいと言えます。
また製造業の仕事には一般的に思われている以上に資格が多く、資格を取得すれば資格手当を貰える職場も多いので収入アップの見通しも立てやすいという特長があります。さらに再雇用制度などが充実している場合も多く、60歳を超えても就職先に困りません。今後、日本の年金制度が維持できるのか不安を感じている方は多いと思いますが、製造業の仕事に就いていれば年金をあてにしなくとも生涯現役として自分自身の力で稼いでいくことができるのです。

PVが多い記事

キャリアアップを目指すなら資格取得
16.07.08 キャリアアップを目指すなら資格取得

介護の世界でキャリアアップをしていきたいと思っている場合は資格の取得が必須になります。まずは介護職員初任者研修の修了から始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。始めのうちは介護サービス利用者の身の回りのお世話がメインの仕事になりますが、上位資格になるほどそれ以外の仕事の割合が増えていきます。

30代で幹部候補に
16.07.08 30代で幹部候補に

一般的に他業界の仕事では幹部になれるのは40代以降となるでしょう。しかし国際競争の激しい製造業界は若い幹部が現場を率いる力強い体制の構築を目指しており、30代で課長などの幹部職に登用される可能性があります。出世意欲の高い野心的な性格をした人に向いた業界と言えるでしょう。