採用後もキャリアアップを

特集カテゴリー

様々な資格たち

キャリアアップを目指すなら資格取得

最初は介護職員初任者研修

キャリアアップを目指すなら資格取得

介護の仕事をするのであれば仕事に関連する資格を取り進めていきましょう。特に介護職員初任者研修は介護に関する仕事を行うのであれば必須と言っても良いかもしれません。採用前にはこの研修を修了していなくても構いませんが、入所後試用期間のうちにこの研修を修了することを義務付けている介護施設は多く存在します。実際に教室に集合して研修を受けることになるのですが、合格率はとても高いので勉強が苦手という方でも心配は要りません。
また、研修の場には様々な介護施設から年代も性別もバラバラの人たちが集まってきますので、人脈作りに役立ちます。ここでできた仲間には仕事の相談や情報交換なども持ちかけやすいでしょう。

ステップアップを

介護職員初任者研修を無事修了し、仕事の経験を積んでいったらステップアップのためにその他の資格取得も目指した方が良いです。理由は大きく2つあり、まず介護の仕事は基本的に資格職なため今まで以上の上級職に就こうと思えば資格を取得する以外に方法がないからです。仕事を始めて最初のころは仕事に慣れるので精一杯で余裕がないかもしれませんが、段々と仕事に慣れて余裕が出てくれば、自分のスキルを伸ばし新しい仕事に挑戦したいという気持ちが出てきます。
またもう1つの理由は、介護の仕事には資格手当が出る場合が多いので、上級資格を取得すれは取得するほど給与が増える可能性があるからです。

介護福祉士

実際に介護に関する上級資格を見ていきましょう。
まず介護職員初任者研修の次のステップとして取得を目指す方が多いのは介護福祉士の資格です。この資格は介護職員初任者研修と同じく要介護者の方の身の回りのお世話などを行うための資格なのですが、より医学的な見地から介護技術を取得することになるのが特徴です。直接介護の仕事を行う中では唯一の国家資格でもあり、この資格を取るとサービスの利用者からも信頼を得やすくなります。

社会福祉士

社会福祉士はソーシャルワーカーを行うための資格であり、この資格も国家資格になります。主な仕事内容は病気や障害などの事情で生活が破綻してしまった方のための社会復帰の支援であり、各種福祉制度の紹介などになります。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは介護の資格の中でも特に上位の資格であり、この資格を取得するのが目標という方が大勢いる資格です。正式名称は介護支援専門員といい、資格を取得するには各都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格しなければいけません。介護を行うためのケアプラン全体を設計する仕事になります。

PVが多い記事

キャリアアップを目指すなら資格取得
16.07.08 キャリアアップを目指すなら資格取得

介護の世界でキャリアアップをしていきたいと思っている場合は資格の取得が必須になります。まずは介護職員初任者研修の修了から始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。始めのうちは介護サービス利用者の身の回りのお世話がメインの仕事になりますが、上位資格になるほどそれ以外の仕事の割合が増えていきます。

30代で幹部候補に
16.07.08 30代で幹部候補に

一般的に他業界の仕事では幹部になれるのは40代以降となるでしょう。しかし国際競争の激しい製造業界は若い幹部が現場を率いる力強い体制の構築を目指しており、30代で課長などの幹部職に登用される可能性があります。出世意欲の高い野心的な性格をした人に向いた業界と言えるでしょう。