Webデザインでの採用を考える

特集カテゴリー

クライアントの要望を形にするWebデザインの仕事

クライアントの要望を形にするWebデザインの仕事

Webデザインの仕事内容は決してお絵描き的なものではありません。Webデザイナーに仕事を依頼するクライアントは基本的にWebサイトを作成する目的を持っているので、その目的を叶えるためのサイト構造や構成を考え、デザインに落とし込んでいく必要があります。非常に高度なスキルや経験を要求される仕事であるため、未経験の方は尻込みをしてしまうかもしれませんが心配要りません。業界自体の歴史が浅く、人材を募集中の会社も多いため採用の可能性はあります。

  • 歴史が浅い今が狙い目つづきへ

    歴史が浅い今が狙い目

    Webデザインは専門的な仕事になるため、完全な未経験では正社員の仕事を得るのが少し難しいかもしれません。しかし業界での勤務経験が必要ということではなく、ご自身でWebデザイナーになるために必要なスキルを取得して能力を身につけることさえできれば問題ありません。もし現在仕事に就いていないのであれば職業訓練校などのカリキュラムを利用すれば良いですし、現在何かの仕事に就いているのであればWebセミナーの利用などがオススメです。

  • 全体の構成を考えながらサイトを制作つづきへ

    全体の構成を考えながらサイトを制作

    Webデザイナーの主な仕事内容はWebサイトのデザインになりますし、その仕事には感性も求められるのですが、決してお絵描き的なスキルが重要というわけではありません。Webサイトを構築する場合、大抵Webサイトのオーナーの方に製作目的があるので、その製作目的をよく理解してその目的を達成できるような全体構造や構成を作成しなければなりません。そしてWebサイトの表面的なデザインもその構造や構成に沿って行われる論理的な作業になるのです。

  • IT業界に特化したギークリーつづきへ

    IT業界に特化したギークリー

    Webデザインの仕事を探しているのであればギークリーという求人サイトを上手く活用すると良いでしょう。この求人サイトは渋谷に拠点があるため渋谷界隈の大手IT企業の求人が充実しており、良い条件での採用を求めている場合にとても役に立ちます。またギークリーの面白い取り組みとして、求職者と採用企業との間のマッチングの成功確率を上げるためにこれまでの採用案件でのデータを収集分析しています。そのため人間の担当者では気づかなかったような観点からもマッチングを成功させてくれるのです。

PVが多い記事

キャリアアップを目指すなら資格取得
16.07.08 キャリアアップを目指すなら資格取得

介護の世界でキャリアアップをしていきたいと思っている場合は資格の取得が必須になります。まずは介護職員初任者研修の修了から始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。始めのうちは介護サービス利用者の身の回りのお世話がメインの仕事になりますが、上位資格になるほどそれ以外の仕事の割合が増えていきます。

30代で幹部候補に
16.07.08 30代で幹部候補に

一般的に他業界の仕事では幹部になれるのは40代以降となるでしょう。しかし国際競争の激しい製造業界は若い幹部が現場を率いる力強い体制の構築を目指しており、30代で課長などの幹部職に登用される可能性があります。出世意欲の高い野心的な性格をした人に向いた業界と言えるでしょう。